20代男の適当ブログ

普通に働いて、普通に生活。
何か夢中になれるものを探す男の日々。

第92話 浮気された話 Part1



皆様お疲れ様です。





今回は浮気された話ということで

暗い内容になります(僕がですが)




とは言っても過去のことですので

もう笑って話せるので

大丈夫です( ̄▽ ̄;)




当時はかなりヘコみましたが。




彼女に書いて欲しいと言われたので

書きたいと思います。

個人的にはあまり書きたくないですが(笑)





どうせ書くなら最初から

事の顛末までじっくり書きたいと

思います(`・ω・´)




なので長くなったら

ごめんなさい<(_ _*)>






あと皆さんに不快な思いを

させてしまう表現等があるかと

思いますので、苦手な方は

閲覧注意です(´゚Д゚`)



今回はあまりないとは

思います!




そんな大げさなものでは

ないんですけどね(笑)




不快になった方は

お気に入りのブロガーさんの

記事を読んで癒されてね(笑)






それではどうぞ。






これは今から5年前の話です。





2011年東日本大震災が

あった年の春。




僕は新社会人になりました。




その当時遊んでいた知り合いに

Fという子がいました。




ちゃんはつけたくないヽ(`皿´#)ノ

特に意味は無いですが(笑)





Fは僕の二個下で

既に社会人でした。




僕が社会人になってからも

何回も遊んで、付き合うことに

なりました。




このへんは省きます。

更に長くなるので。




Fは身長が高く

性格も明るい子でした。

髪の毛は短かったかな。





ただ家が遠かったんですよね。

そんな頻繁に会える距離では

なかったんです。




車で2時間ぐらいかな。





それでもお互いに運転して

相手の街まで遊びに行きました。






会うことがなかなか

ないので連絡はメールや電話。




その日仕事で何があったとか

今度どこ行きたいとか

ありきたりな事を

毎日続けていました。






社会人になりたての僕は

当時まだ実家で暮らしていました。





その後会社から近くに

住むように促され独り暮らしを

することにΣ(゚ω゚ノ)ノ





その旨をFに伝えると

じゃあ更に距離が遠くなるねと

言われました。





確かに(´・ω・`)





(。゚ω゚) ハッ!

じゃあ一緒に住む?




僕はFにそう言いました。




当時Fはいわゆるブラックな

会社に勤めていました。




朝早くから夜遅くまで毎日仕事。

休みも不定期で

辞めたいと前から言っていました。





そしてFも実家暮らしだったので

家を出たい願望がありました。






Fは僕と一緒に住むことを

決めました。





それからは

僕は新しく住む部屋を見て回りました。





2人で住める部屋を探して。




あ、ちなみに5年前なので

僕は21歳ですね。




若かったなぁ(笑)




年齢も考えも。





そうして冬には僕は

引越しをしました。






Fは会社の都合もあったので

春にこちらに来る予定に決まりました。





僕は一緒に住めるということ、

2人での生活が始まるということに

とても期待していました。




勿論初めての経験ですし

2人で協力していけたらと

思っていました。




Fも勿論当時は

同じ気持ちだったんだと思います。





暫しの間の独り暮らしも

無難に乗り越え

春になりました。





Fは会社を辞め、実家を出て

僕との生活を選びました。






そして

2人の同棲生活が

始まりました。






今回はここまで!

次回に続きます*\(^o^)/*



気になる方は是非

読んで下さいね(。>人<)






そんな実は同棲したことがある

男の晩御飯。



彼女が作ってくれました!

仕事終わりなのにありがとう( *¯ ³¯*)



僕もちょっとだけ手伝いました(笑)






ミートドリアとじゃがいものスープ!




美味しかったなぁ。

オーブンで焼きすぎて焦げたけど(笑)

彼女に怒られました( ºωº )チーン…





ここまで読んでくださり

ありがとうございましたm(。v_v。)m